味見の出来る店 酒倶楽部いちの
珍しくて美味しい焼酎 日本酒 古酒
こだわりの自家精米


空蔵は、純米酒指向の個人向けのお酒というコンセプトならば、七ツ梅は、料飲店向けで、料理と合わせやすいように酸味がやや強く、お米の旨味がしっかり味わえ、かと言ってクドくもなく、次の一杯に、次の食べ物に進むお酒です。

空蔵にしても、七ツ梅にしても、なんかコストパォーマンスが高い気がします。米麹も掛け米も山田錦を使ってるし、それでこの価格は安い。
どちらも、お酒の内容は表示内容よりもワンランク一つ上の美味しさだと思います。
勧めた料飲店さんでも評判は良く、個人さんでも気に入って
くれる人が多いお酒です。