味見の出来る店 酒倶楽部いちの
珍しくて美味しい焼酎 日本酒 古酒
こだわりの自家精米

ほんとに手作業で麹米を造っていました。
麹が育つ最適温度は企業秘密だそうで、
それでも、人肌ぐらいだと教えてくれました。

何回も言いますが、ほんとに手作業です。


蔵内はこんな感じ。
6年前ぐらいに区画整理で移転したので、
とても綺麗で清潔な蔵内でした。



母がかい入れ作業をやらせてもらいました。


蒸留機は縦型。


皆で記念撮影。

息子のてっかんさんが忙しい中、
色々と話をしてくれました。

すごく共感が持てたのは、焼酎ブームが落ち着いた
今、各蔵で頑張ろうとしているけど、
もう一度、焼酎蔵全体で、
そして、鹿児島全体で盛り上げて
ゆこう!という考えでした。
鹿児島を好きになってくれたら、その人たちは、
焼酎好きの予備軍にもなる。
自分の蔵だけが儲かればいいという考えは
止めとこう!
この考え、すごく良い!
日本酒にしても、やっぱり一つの蔵だけで日本酒業界を
盛り上げようとしても、かなり難しい。
業界全体で盛り上げる!
これはこれで、難しいことですが、
とても大切なことだと感じました。

てっかんさん、忙しい中、
本当にありがとうございました!
山下拓郎のライブ、必ず行ってみせます!