味見の出来る店 酒倶楽部いちの
珍しくて美味しい焼酎 日本酒 古酒
こだわりの自家精米
喜楽里を買ってくださったお客さんから、
突然に、高垣さんの訃報を聞きました。
僕自身、信じられない話だし、
独りで酒を醸す過酷さに、ぞっとしました。

薮田という搾り機に勤める
僕の友人が薦める酒屋だから
ということで、地酒の事の右も左もわからない
僕が、高垣さんのまさに魂が入ったお酒を
売ることが出来た事を誇りに思います。

蔵元には2回行き、高垣さんとは計4回しかお会い
したことがありませんが、
会う度に、この人はお酒を醸すのが本当に
好きなんだなと思いました。

高垣さんは、当店の近所にある大手蔵元にも
勤めたことあり、当店の近所のことにも詳しく、
本当にご縁があったのだなと思いました。

印象に残るのは、蔵元見学をした時に、
高垣さんのお父さんが作った模型の飛行機が置いてあり、
その飛行機を指さして、
こんなん親父が作ってないで、
俺は遊園地なんかに連れてってもらいたかったんやー
と冗談を言ってる高垣さんでした。

高垣さんは、
5年後の僕を見て欲しいと思う人です。

恩返しになるかどうかわかりませんが、
これからも酒屋として、地酒屋として、
精一杯頑張って行きます。

高垣さん、本当にありがとうございました。