味見の出来る店 酒倶楽部いちの
珍しくて美味しい焼酎 日本酒 古酒
こだわりの自家精米


先日、いつも御世話になっている浜福鶴さんに見学に
行ってきました。
息子を連れて親バカ丸出しでしたが、心良く見学させて
もらいました。



こちらが支配人でもあり杜氏でもある小寺さんです。
今年の春にめでたく結婚されます。おめでとうございます。




麹を作る部屋です。充分に乾燥させ、室温は37度ぐらいに保たれています。





今は、使われていませんが、この小さい麹蓋でよりきめ細かい麹を作ります。
現在は、これより大きなものを使っていますが、大きいからと言って、
雑な造りにはならないようです。一番大事なのは、麹室をどれだけ乾燥させているかという事だそうです。

浜福鶴のこだわりは?

洗米です。
普通より、多くの水で洗っています。
他の蔵が一日一本の樽を仕込むところ、
1週間で一本の樽を丁寧に仕込んでいます。